新着情報

子宮が痛くて眠れない。なんとかならない?2016.12.08

昨日朝一番でご来店のお客様は「子宮が痛くて毎晩眠れない。なんとかならないか」とのことでご来店くださいました。

その方は数日前に産婦人科の病院に行かれたそうですが、触診もされず異常なしとの診断だったそうです。

しかし、その後も痛みはなくならず、眠れなくて肩や首が凝って頭痛になり、腰痛にもなっていったそうで、我慢できずご来店くださいました。

そこでお客様に施した施術は、まず足裏のリフレクソロジーをかけ全身をリラックスさせ、肝機能の回復や肝臓を軽くして下腹部への圧迫を軽減させるために肝臓を手で暖め肝臓を軽くし、生理痛を軽減させるための腹部お血、副腎ホルモン調整整体をかけた上で、お客様の股関節付近の筋肉が硬くなっていたため、子宮への圧迫を軽減させるために仙腸間接、腸骨筋、大腰筋を緩めたところ子宮の痛みが緩和されました。

その他の肩こり腰痛等は通常の整体でお楽になられ、大変喜んでお帰りになられました。

また、夕方には新規で7ヶ月の妊婦さんがこられました。肩や首、腰が凝っておられましたが、どこの整体も受け入れてくれなかったので、こちらに来てくださいました。

この方には抱き枕を抱えて横になっていただき施術しました。その際、横向きなので操体法を使い簡単に肩首の凝りを和らげました。また、腰や背中に残った凝りは仰向けになっていただき普段不妊整体で使っている手法を使い凝りを和らげました。

この方も喜んでお帰りくださいました。

そのほか、数日前には不妊整体を受けに新規の方が来られました。不妊整体は今後一層勉強してまいります。上記の方々の施術もこの不妊整体で学んだ理論と手技を応用したものです。

皆様からのお問い合わせをお待ちしています。